2018年1月11日木曜日

歩道橋の排水口からこんにちは


2016年1月10日、流山小学校前歩道橋にて。

たまには更新しようと思う。


2017年は東京散歩革命の枠内で歩道橋観察散策会をおこなった(渋谷で)。歩道橋というのは日本の都市において、交通戦争華やかなりし頃に必要に迫られて作られたものである。海外でもアジアにはそこそこあるようだが、景観を大切にする都市には純粋な横断歩道橋はほとんどないのではないか。


歩道橋の外観は確かに良くない。高さはそこまでではないにしても、どんな色で塗ったところで建物や地面とは存在感が違う。かといって壁材を貼るわけにもいかない(道路に落ちたら危ない)。その一方で歩道橋からの景観は素晴らしい。これがなければ道路の真上には立てない。街の簡易展望台だ。大都市ならば歩道橋から群衆を観察するのもなかなか楽しいものだろう。


私はさらに、歩道橋に生える植物に注目している。人工物から生える植物というのはどこか逞しく、また愛らしい。この写真では排水口からアカカタバミとオランダミミナグサが生えている(ちなみに2017年の春・夏は街の雑草についてかなり学んだ)。歩道橋の植物のブログか何かを作ろうと思っているがまだできていない……。


歩道橋は昭和期にそのほとんどが建設された。当然、昨今では数を減らしつつある。老朽化はもちろん、今時は交通量もさほど多くはない。もしエレベーターが追加でついたのならば当面は維持されるだろうが、そうでない歩道橋は建て替えてまで存続させるかどうか。


そんなわけで、歩道橋というのも今のうちに記録しておきたいもののひとつだ。東京23区内の歩道橋はだいたい700弱と踏んでいる(ペデストリアンデッキを除く)。暇があれば巡ってみたいが、はっきり言って商店街全部歩くよりさらに需要がない取り組みになるのは確かだ……。個人的興味だけで突っ走れる自信も最近はなかったりする。私の人生も後半戦、独り身であり経済的余裕もない中で、いつまでいろいろなことをやれるかはわからないけれど、とりあえず今年もよろしく!




0 件のコメント:

コメントを投稿