2015年10月5日月曜日

行き止まり暗渠


次回の「東京散歩革命」では、足立区で水路跡・暗渠を歩く。少々足立区の企画が多くなってしまったが、まあ仕方がない。


水路跡・川跡は最近は暗渠と言われることが多いが、私は構造としての暗渠と土地としての水路敷は分けて考えている。というのも、暗渠や道ですらない元水路敷は払い下げられている可能性もある。それを使用実態のある「暗渠」と呼ぶと、公共用地であるかないかに影響し、また誤解を産んでしまうと思うからだ。水路跡=暗渠なのだから公共用地で、だったら踏み込んでも良い、と私有地に入ってしまう事例は増やしたくない。


一方で、写真のように行き止まりであっても公共用地として使われ続ける水路敷も多数ある。こうした空間もまた都市にとっては貴重で、いつ入れなくなるかわからないが、見られるうちに見ておきたい。もっとも、東京では再開発などで地区もろとも消えてしまうこともありうるが。



長いこと「スイロット・アンキョ」というブログもやっていることだし、ネット外で水路跡・川跡について話したいことはたくさんある。しかしその場がほとんどないため、自分の散策会でやることにした。私にとって、話す場や書く場を外部で得ることは難しい(断っているわけではない)。自主的な会であったとしても、やらないよりは良いし、内容には自信があるつもりだ。

次回の散策会では、水路跡の見分け方や見つけ方、土地境界の観察の仕方などを中心に取り扱うので、ぜひご参加いただけたらと思う。

詳細は下記ページでご確認を。
http://shikasukeito.blogspot.jp/2013/02/blog-post.html




0 件のコメント:

コメントを投稿