2015年7月7日火曜日

震災5日目



2011年3月16日の近江町市場(金沢市)。

3月15日、西武池袋線末端部がちっとも復旧しないため、
私は深夜バスで名古屋の実家にしばらく帰ろうとしていた。
バスも短縮と渋滞で進まない中、苦労して新宿バスターミナルに辿り着いたものの、
バス発車直前に御殿場で地震が発生。
東名・中央道経由のバスはすべて運休となった。

しかしまた朝まで待って動いている電車とバスを乗り継いで家へ帰るのも馬鹿らしく、
翌日の深夜まで待つのもあまりに気が長い話のため、
西行きで唯一動いている関越道経由金沢行きに変更した。

金沢は雹が降ったり止んだりする天気ではあったものの、
私は早朝から昼まで金沢をのんきに観光し、
また内灘まで電車で無意味に往復するなどし、
最終的にJRの特急で名古屋へと向かったのであった。
元から素直に新幹線に乗ればよかったのかもしれないが・・・。

金沢は初めてで、何というか、普通に街が動いている安堵感があった。
別に金沢だからというわけではないだろうけれど。
これ以来まだ北陸には行っていない。


0 件のコメント:

コメントを投稿